アルミ製品の特長と取扱いの注意        

アルミ製品の特長
アルミの比重2.7と、とても軽く持ち運びが楽です。

表面の塗料は塗替え再加工をすれば新商品同様となります。

アルミ製品は廃品となっても、リサイクルして再利用できるので、資源の無駄使いになりません。

熱伝導が良いので、一人用の料理は固形燃料で十分に調理できます。

アルミ製品の取扱の注意
1 絶対に空炊きしないでください。空焚きをしますと、フッ素樹脂塗膜の場合、焼けてしまいその効果をなくします。また
焼付け塗装面の場合も剥離の原因となります。

2 高温となり600℃を超えますと、製品自体が変型します。そのままガスレンジをかけっ放しにしておくと、
変形から融解し大変危険な状態となりますので、空炊きは絶対にないでください。

3 酢・重曹などの酸性/アルカリ性の強い調味料・食材を使用しますと、塗膜の内面に入り込み、
そこから
腐食し、剥離の原因となりますので、使用後はなるべく早く洗浄してください。

4 アルミの生地製品(バレル仕上げ製品)もPHの強い調味料・食材を使用しますと、黒く変色する事がありますが、
水1.8ℓに対して、大さじ2杯程度の酢の水溶液を作り、沸騰させ、中に入れた後にナイロンたわしで洗浄しますと表面の
変色は直ります

5 洗浄は手洗いをお薦めします。洗浄機をご使用の場合は必ずアルミ製品対応の洗剤をご使用ください。

6 アルミ製品のコンロの下には必ず木製の敷板を敷いてご使用ください。又、鍋・陶板を使用する際も安定した状態でセットできるコンロをお選びください。

7 こんろは、固形燃料用コンロ・炭用コンロ・兼用できるコンロかを確認し、指定された火入れ・炭入れ、
それに合う燃料以外は使用しないでください。(兼用できるコンロは、火入れを替えて使用してください。)

8 調理中及び調理後は鍋・陶板の蓋・身共に熱くなりますので、絶対に直接手を触れないでください。蓋を開ける際はおしぼりやハンカチ等ではさんで開けてください。

9 金属製の調理器具ですので、電子レンジ、オーブンでの使用は出来ません。

アルミ製品のページへ

あられ鍋・陶板のページへ

コンロ・釜飯セットのページへ


ホーム会社概要支払い購入方法Q&Aカタログショールーム
ロゴオリジナル地図探し物web担当リンクサイトマップ